「オープンスキル」と「クローズドスキル」

こんばんは。

Ohara Tennis Creation  

大原 満 です。
  

 

    
今日も、このブログに訪問して頂き、
 
ありがとうございますm(_ _)m
 
 

   
 
「クローズドスキル」「オープンスキル」という

言葉を聞いたことがありますか?

 

 

 

スポーツに必要な技術向上のための要素は、

その運動環境によって2つに分類されます。

 

 

  

「オープンスキル」とは… 

 

・ 絶えず変化し、不安定で予測が不可能な

環境で行う。

 

・外的要因に左右される。

 

 
その他にもこの要素が多い競技として、サッカー、

テニス、バスケ、バレーボール、野球などの球技、

フェンシング、ボクシング、レスリング、柔道など

の相手と対戦型の競技などがあります。

 

 

 

「クローズドスキル」とは…

 
・変化が少なく、安定して予測が可能な

環境で行う。

 
・外的要因に左右されにくい。
 

 

 

この要素が多い競技として、体操、水泳、陸上、

ゴルフ、アーチェリー、弓道などがあります。

 

 

対戦相手などで、外的要因によって左右される

要素が強い競技を「オープンスキル」といい、

テニスはこれに当てはまります。
 

 
試合に強くなる為には、このオープンスキル型の

練習をとにかく多く行う必要があります。

 

 

 

 レッスンの中でも、このオープンスキル型の

練習を多く行っていきますので、これからの

レッスンもお楽しみに♪♪
 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでいただき、

ありがとうございましたm(_ _)m


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です