テニスの場面【その③】

こんばんは。

Ohara Tennis Creation  

大原 満 です。
  
   
今日も、このブログに訪問して頂き、
 
ありがとうございますm(_ _)m
 
 

 

 

今日は「テニスの場面【その③】」です。
まずは、おさらいです!

下の図をご覧ください。

↓   ↓   ↓  

今日は、自分が攻撃で相手が守備の場面に

ついて一緒に考えてみましょうp(^_^)q

 

 

 

まずあなたの、「攻撃をする!」という

判断基準は何ですか?

 

 

何か自分で決めている明確な基準がありますか?

 

 

例えば…

 

相手のボールが浅くなったら攻撃する。

 

浅くなったらって?

 
どのくらい?

 
なんとなく???

 

 

このラインが曖昧だと、迷います。

 

 

では、明確な基準を決めてみましょう!
 

 

例えば…

 
自分がベースラインよりも前に入って、

ネットよりも高い打点で打てる場合は、

攻撃をしよう!

 
 

これは一例ですが、このように基準を決めて

おくことで、迷いが減りますよね?

   

実際に試合では、もっと色々な要素が

絡み合ってくるので、こんなにシンプルには

いかないかもしれませんが、練習の中で

シンプルな基準を元にやっておくことで、

その他の要素が入ってきたとしても対応できる

と思います。

 

 

 

まずは判断基準を明確にして、維持から攻撃、

守備から攻撃、サービスやレシーブ後に攻撃、

という形でポイントパターンを作って

いきましょう。

 

 

 

今日も最後まで読んで頂き、

ありがとうございましたm(__)m

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です