ガット 低テンションのオススメ

こんばんは。
 

Ohara Tennis Creation
 

 山本遼紀です。

 

 

本日もご覧下さいましてありがとうございます。

 

 

 
突然ですが、皆さんガットの張替えの際

 

 

どの位の強さでお店にお願いしていますか?

 

 

よく聞くのは48〜53pだと思います。
 

 

 

  
 
今回私が提案するのは30pという

  

 

  

極端に低い強さです。
 
 

 

これはポリエステル素材のガットの

 

 

場合の 話になります。

 
 

 

 

 
 

このメリットは

  • ポリエステル特有の硬さが感じにくい。

 

 

  • タッチ系のショットがしやすい。

 
です。

 

 


ポリエステルガットを張っていると

  

 

 

 ナイロン素材のガットと比べて

  
 

どうしてもボレーなどの

 
  

 タッチ系のショットはやりづらくなります。

 
 

  

 

  

しかしナイロン素材のガットを張ると

 

 

 

 ボールを叩きに行く時に飛び過ぎてしまって

 

 

振り切れないという方もいらっしゃいます。

 


 

   

そこでポリエステルガットを緩く張ると


 

強く張るよりガットのたわみが感じられ


 

 

ボレーがしやすく


 

 

またポリエステルガットなので


  

ボールを叩きいっても

  

 

 飛びすぎる感覚は出にくいので

 

  

 

良い所取りのような形になります。
 

 
一度試してみてはいかがでしょうか?

 

 

 
本日も最後までご覧下さいまして

  

 
 ありがとうございました。