トレーニングの全体像

こんばんは。

Ohara Tennis Creation  
大原 満 です。
 

 
今日も、このブログに訪問して頂き、

ありがとうございますm(_ _)m

  

 
今日は、トレーニングの全体像についてです。

上の図をご覧ください。

 

 
このピラミッドの一番下の部分の

「ファンクショナル運動」とは、

自分の体をどう扱うか?
・姿勢制御運動(立つ・ひねる・回る)

・移動運動(歩く・走る・とぶ)
この操作ができないと、次のステージに

支障がでます。

 

 
 
その次のステージの

「コーディネーション運動」とは、物を使ったり

調整する、操作運動(投げる・キャッチ・蹴る)、

脳と体の連携を伴う動きとなります。

 

 
このファンクショナル・コーディネーション運動

の2つが「基盤となる機能的動作」です。

 

 

そして、その上に「パフォーマンストレーニング」

があります。

 

 

このパフォーマンストレーニングとは、テニスに

則したトレーニングのことで、テニス特有の

テクニックを要するケースが多いです。
 

  
そして一番上に、技術・戦術があります。

 

テニスのスキルUPをしたいと思った時に、

いきなりピンポイントの技術だけを習得しようと

せずに、自分の体をどう扱うか、道具をどう

扱うか、どういう調整をするか、という部分に

意識を持って取り組むことも、一つの方法です。
 

 

 

しっかりと技術・戦術を身に付けるために、

体や道具の扱い方にも意識を持ってみましょう^_^

 
  

今日も最後まで読んでいただき、

ありがとうございましたm(_ _)m


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です