試合前の食事調整

こんばんは。
Ohara Tennis Creation  
大原 満 です。
 

 
今日も、このブログに訪問して頂き、

ありがとうございますm(_ _)m
  
みまさん、試合前の食事は、どのようにして

いますか?

 

 

良いパフォーマンスを出す為に、何か気を付けて

いることはありますか?

 
  

参考までに、読んでみてくださいね。

↓   ↓   ↓

まず、試合の1〜2日前から脂肪分は控えめにし、

高糖質食となるように配慮する。

 

 

 

生ものやガスを発生させやすい繊維質の食品や

乳製品の多量摂取などは避ける。
 

 

 

試合前の精神的に緊張する場面では、消化・吸収

機能が制限されるので、消化に時間がかかる食品や

調理法、食べ慣れない食品や料理などは、

できる限り避け、食中毒への配慮や海外であれば

水の衛生も含めた食の安全性の確保を行う。
 
 

  

 僕は以前、食事に気を付けていない時に

試合前の食事で「お刺身」をガッツリ食べてしまい

少しお腹の調子が悪くなって後悔した記憶が

あります(T_T)

 

 

 

便秘の場合は、多めに野菜や果物を食べて、

水分摂取を心掛けましょう。

 

 

 

下痢の場合は消化のよい食品や料理を選んで食べ、

水分と電解質の補給を十分に行う。

 

 

 

 

日々の少しの意識でパフォーマンスが変化する

可能性があります。
 

  
一度、食事にも意識を持って情報収集して

みましょう!
 

 

 

 

  
今日も最後まで読んでいただき、

ありがとうございましたm(_ _)m


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です