戦略と戦術

こんばんは。
Ohara Tennis Creation  
大原 満 です。

  
  

今日も、このブログに訪問して頂き、

 

ありがとうございますm(_ _)m
 

  
戦術と戦略の違いは?

どんな違いがありますか?

 

 

以下、テニス指導教本より引用

 

◎戦略とは…

一般的に戦略は、戦術を含む大局面で長期におよぶ

大きな概念である。

 
選手の発掘、育成、強化に始まり、チーム編成

(メンバー編成)、起用選手、起用順序(オーダー)

などの人事的要因、開催地、競技場、移動距離、

日程、季節、競技時間帯、寒暖、太陽の位置、

生活習慣、食料(栄養)などの環境的要因、

宗教、風土、経済状況などの社会的要因など、

広範囲におよぶ。

 
 
実際の試合を想定した場合、自他の戦力分析、

選手起用、対戦相手、日時、場所、

コートサーフェイスなど、試合環境を味方に有利に

する行為が戦略である。

 

 

 

◎戦術とは…

スポーツ競技における戦術は、試合に勝つための

手段と方法である。

 
戦略に対して戦術は、局所的で即時的な概念である

場合が多い。

 

現実のテニスの試合を想定した場合、

おもにコート上での配球(ボールコントロール)や

位置どり(ポジショニング)、休憩の取り方、

自他の心理的制御など、フィールドプレーに

関わる行為をさす。
 

 

 

なんとなくは分かっていても、こうして説明文を

読むと、理解が深まりますね。

 

簡単にすると、 戦略 > 戦術 となっていて、

戦略は、中長期的な長い期間での考え方で、

頻繁に変更されることではない。

 

 
戦術は、短期的で、状況変化によって柔軟性を

持つことが必要。

 

戦略と戦術の考え方をしっかりと持って、

これからの試合にのぞんでみてくださいね。
 

 

 

今日も最後まで読んでいただき、

ありがとうございますm(_ _)m
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です