テニスの場面【その②】

こんばんは。 
Ohara Tennis Creation 

 大原 満 です。
 

  
今日も、このブログに訪問して頂き、
 
ありがとうございますm(_ _)m

 

 

 
 

今日はテニスの場面【その②】です!

もう一度この図をご覧ください。

↓   ↓   ↓ 

 
前回は、この全体像についての説明でしたが、

今回は、自分が 守備 – 相手が 攻撃 の場面では、

どのようなことに気を付けたらいいのか一緒に

考えてみましょう!

 

 

まず、自分が逆の立場(相手の立場)になった

つもりで考えてみましょう。

 

自分が攻撃をしている時に、相手にどんなことを

されたら嫌ですか?

プレッシャーを感じますか?

 

 

 

 

 

そうですよね?
自分が一生懸命攻めているのに、何回も何回も

しつこく返球してきて、なかなかポイントが

とれない…(-。-;

こんな状態には、なりたくないですよね?

 

逆に、相手がどんなことをしてきたら、

自分が楽ですか?

 

 

 

これもイメージしてみると分かると思いますが、

相手が簡単にミスをしてくれる時、自分の

攻めが甘くなってしまったのに、それでも

ポイントがとれてしまった時だと思います。

 
以上を踏まえて、自分が守備をする時には、

簡単にミスをしない!!!

要するに…

 
①相手にもう1プレーさせる!
 

②相手コートにボールを入れる!

 

 

③例え取れそうにないボールでも、

最後までボールを追う!

(相手に「次はもっと厳しいところに打たなければ

取られてしまうかも?」と思わせる。)

 

この3つを心掛けてプレーをすることが大切です!

 

 

 

 ここに…

 

今は守備だけど、
 

「良いボールを打ちたい!」

 

「自分が気持ち良くプレーしたい!」
という部分が入ってしまうと、ミスに繋がって

しまうことが多くないですか?

 

 
自分が守備の場面では、上の3つのプレーを

心掛けて、しつこく返球してみましょう!

 

 攻撃をしてくる相手がミスをして、自分の

ポイントになることがあるかもしれません。

 

 

今日も最後まで読んで頂き、

ありがとうございましたm(__)m


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です