前衛のポジションについて考える

こんばんは。 
Ohara Tennis Creation 

  
大原 満 です。

 

  
今日も、このブログに訪問して頂き、
 
ありがとうございますm(_ _)m
 
 

今日は、前衛のポジションについて考えて

みましょう^o^
 

 

まず、あなたは平行陣側(赤②)のプレーヤーです。

基本的には、ダブルスコート半分の真ん中くらいに

ポジションすると思いますが、このポジションに

いると、どのような役割になるのか?

 
考えてみましょう。

  
↓   ↓   ↓

  

赤いラインのボールを赤②のプレーヤーが

守るとしましょう。

青いラインのボールを赤①のプレーヤーが

守ります。

この場合、赤②のプレーヤーは、ストレートを

守る。

赤①のプレーヤーがその他を守るということに

なります。
 

これでは、赤①のプレーヤーの負担があまりにも

大きくなってしまいます。

 

それでは、赤②のプレーヤーがサービスボックス

の真ん中のポジションにいると、

どうなるでしょうか?   

    ↓   ↓   ↓

  このように、赤②のプレーヤーが先ほどの

ストレートに加えてセンターのボールも守る

ことができるようになります。

 

テニスの戦術として重要な「センターセオリー」

があります。

テニスコートで一番ネットが低いセンターに

ボールを打つことで、ネットミスのリスクを

下げる。

ダブルスでは相手2人の間に狙い、センターに

2人を寄せる…etc

 

また、この相手のセンターセオリーを防ぐことが

できるポジションに赤②がいることで、赤①の守る

エリアが狭くなり、自分のところにきたボールに

対しての対応が楽になり、今まで守備や維持を

選択していた部分を攻撃できるようになることも

あります。

 

このように、前衛のポジションによって、

ダブルスの展開は大きく変化します。

 

なんとなくポジションを決めて、いつも同じ

場所にいるのではなく、自分がこのポジションに

いることで、相手にどのように見えているのか?

ということを考えてポジションしてみましょう。

 
自分にとっては、少しの変化かもしれませんが、

相手にとっては大きな変化に見えることも

あります。

 

「難しい…」と考えずに、「変化を楽しもう!」

というポジティブな気持ちでTRYしてみて

くださいね。

 

 

今日も最後まで読んで頂き、

ありがとうございましたm(__)m


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です