学習効果を下げる言葉 ⤵︎⤵︎⤵︎

こんばんは。 
Ohara Tennis Creation 

  
大原 満 です。

 

  
今日も、このブログに訪問して頂き、
 
ありがとうございますm(_ _)m
 

  

 

 

あなたは今まで、何かを学んでいる最中に、

「あー!これは聞いた事がある!」

「これは知ってる!」

と言っていませんか???

 

このような事が多い場合、せっかくの学習機会を

逃している可能性が高いです。
 

 

脳は本来、「知りたい」という本能があります。

その本能は、記憶や思考と深い関わりがある

そうです。

 

 

そのおかげで、私たちは新しい事を学んだり、

今の社会に適応していったりする事ができて

います。

 

 

子供のころから好奇心を持つ事で、人に興味を

持ったり、新しい事を吸収して成長する。

この好奇心こそが、学習の始まりだそうです。

 

しかし、この好奇心を遮断してしまう言葉…
「これは知っている」

「これは聞いた事がある」
これらの言葉を発すると、自分の脳に向かって

「これ以上学ばなくていい!」という命令を

出していることになります。

 

脳本来の、好奇心を持って新しい事を学習する

という機能に自分からストップをかけている!
 

そうすることで、神経伝達路の機能が低下して

思考する力がだんだん下がっていくとも

言われています。

 

 一度自分が聞いた事があることでも、

もっと深掘りしてみたら、まだ気が付いていない

部分があるかも?

まだ自分が知らない部分があるかも?

という考え方を持つ事で、脳が活性化すると

いわれています。
 

あなたなら、どちらを選びますか?

 

 

今日も最後まで読んで頂き、

ありがとうございましたm(__)m


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です