人間認識の4つの段階

こんばんは。     
Ohara Tennis Creation 

  

大原 満 です。
 
    

今日も、このブログに訪問して頂き、

 

ありがとうございますm(_ _)m

 

 
 

  

人間認識の4つの段階というものがあります。

様々な事柄に当てはめて、自分を知る為の

ものさしにもなります。

 

 

 

・無意識的有能

考えなくてもできる

 

・意識的有能

分かったらやればできる

 

・意識的無能

分かっているができない

 

・無意識的無能

分かっていないからできないし、

分かっていないことが分からない
 

 

 

例えば、自分がクロスラリーを深く安定して

コントロールするという事に対して、この4つの

段階の中で、自分はどの段階だろう?

と考えてみると…

 

 

 

どうやったらできるかが分からない状態は、

無意識的無能の段階!
 

直線的に打つよりも高さを出して、下から

上へのスウィングで回転をかけて打つことで

達成できると分かっていて、意識すれば

できる状態は、意識的有能の段階!
 

 
 

このように当てはめていけば、様々な事に

自分の状態を把握する「ものさし」として活用

できます。

 

 

 

是非、この考えを持って「自分を知る」という

事も大切にしてみましょう^o^

 

 

 

今日も最後まで読んで頂き、

ありがとうございましたm(__)m


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です