5つのボールコントロール

こんばんは。   
 

Ohara Tennis Creation 
  
大原 満 です。

 

  
今日も、このブログに訪問して頂き、
 
ありがとうございますm(_ _)m

 

昨日に引き続き、ボールコントロールに

ついてです。

 

まずは、昨日の復習です。
 

 

【5つのボールコントロール】

 

①ボールの方向

・クロス

・逆クロス

・ダウンザライン

 

これをコントロールするには、

1)ラケットの面の向き

2)ラケットのスウィング方向

この2つを調整する必要があります。

  
②ボールの回転
・フラット

・トップスピン

・アンダースピン

・サイドスピン

 

これらをコントロールするには、

1)ラケット面の角度

2)ラケットスウィングの方向

この2つを調整する必要があります。

③ボールのスピード

ボールのスピードをコントロールするには、

1)ラケットスウィングの大きさ

2)ラケットのスウィングスピード

この2つを調整する必要があります。
 

このボールスピードの調整する能力は、

ボールコントロールの中でも身に付けるのが

難しい要素です。
 

しかし、身に付けてしまえば戦術的に幅の

広いプレーが可能になります。

  
 

④ボールの距離  

ボールの距離をコントロールするには、

1)ラケットスウィングの大きさ

2)ラケットのスウィングスピード

3)ラケット面の角度

4)ラケットスウィングの方向

この4つを調整する必要があります。

  
 

 

⑤ボールの高さ

ボールの高さをコントロールするには、

1)ラケット面の角度

2)ラケットスウィングの方向

この2つを調整する必要があります。

  

これら5つのボールコントロールをうまく

組み合わせることによって、技術的にも

戦術的にも、より有効な打球を相手コートに

打ち込むことが可能になります。
 

まずは、これらをしっかりと理解して、

プレーに活かしていきましょうp(^_^)q

 

 

今日も最後まで読んで頂き、

ありがとうございましたm(__)m  
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です