決めるボレー【相手の視野】

こんばんは。   
Ohara Tennis Creation 
 
 
大原 満 です。

 
 
今日も、このブログに訪問して頂き、
 
ありがとうございますm(_ _)m
 

 

 

 

今日は、「決めるボレー」の【相手の視野】

についてです。

 

まず、ボレーでフィニッシュしたい!決めたい!

という時に、どんなボレーをイメージしますか?
 

 

速くて強いボレーですか?

 

 
いろいろな方法があると思いますが、

ボレーで決めたいという時に、まず行う行動は

できる限りネットに詰めることです。

 

 

ネットに詰める事で、ネットミスを減らす事が

できます。

 
 そして、広い角度にボールを打つことができます。

 

 

しかし、ネットに詰める動きは、相手にばれて

しまっていては、相手も考えてきます。

 

そうです!
 

詰めたところを、「ロブ」で抜かれてしまいます。

 

 

 

では、どのように詰めたら相手にばれないように

効果的にネットに詰めることができるでしょうか?

 

 

相手にばれる→相手に自分の動きを見られている!

相手にばれない→相手に自分の動きを見られない!

 

 

相手に自分の動きを見られないとは、

どういう状態なのか???

 

 

相手(青①&青②)は自分(赤①)がボールを打つ時、

どんなボールがどこに打たれるか判断するために、

当然自分(赤①)を見ていますよね?

↓   ↓   ↓  
 

そして、 打たれたボールがこの辺りを通過している

時、青①のプレーヤーは、まだ赤①&②の動きと

ボールが見えていると思います。

↓   ↓   ↓ 

 

では、この状態はどうでしょうか?

青①のプレーヤーは、すでにボールを打つ

状態です。

↓   ↓   ↓ 

この状態では、青①のプレーヤーは、

ボール(インパクト)に集中しているため、

相手(赤①&②)のプレーヤーは視野に入って

いません。

 

※100%見えていないということではありませんが、

見えにくいということで、理解をしてください。
  

この相手に見られていない状態で、何をするか?

ということが重要です!!!

 

そうです!

この時に、「ズバッと!」ネットに詰めるんです!
  

この「ズバッと!」ネットに詰める方法は、

また次回紹介させて頂きますね^o^

  

  

 

今日も最後まで読んで頂き、

ありがとうございましたm(__)m

  

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です