ゴールデンエイジ

こんばんは。
Ohara Tennis Creation

大原 満 です。

今日も、このブログに訪問して頂き、

ありがとうございますm(_ _)m

 

以前にもブログの記事で書きましたが、
「ゴールデンエイジ」というのは覚えて

いますか?

ゴールデンエイジとは、主に小学生の年代に

あたる子どもたちを指すもので、この時期の

運動への取り組みは、将来に大きな影響を

及ぼします。

ゴールデンエイジの基本的な考え方は、

「この時期に獲得した運動神経は、大人に

なったときの運動神経とほぼ同じ」という

ものです。

いまの大人の運動神経は、10~12歳のころに

すでにつくられていたのです。

どうでしょうか?

びっくりですよね?

この運動神経は、脳と筋肉とをつなぐ回路です。

一度 自転車に乗れるようになったら、

何年、何十年経っても忘れずに行えるのは、

この回路のおかげなのです。

そして、この運動神経の回路が、どんどん

増えていくのが、10歳~12歳ごろまでです。

この図をご覧ください。

↓ ↓ ↓

  
水色の線の「神経系」のグラフを確認してください。

5歳ごろまでに80%が出来上がり、

12歳ごろまでに100%に達しますよね?

この神経系が伸びる時期を「ゴールデンエイジ」と

呼び、この時期をどう過ごすかで、その後の

子どもの運動能力に大きく差が出ると注目

されています。

明日は、運動神経を鍛えるには?

をテーマにしたいと思います。

今日も最後まで読んで頂き、

ありがとうございましたm(_ _)m


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です